CentOS パスの設定


★パスの確認

$PATH・・・環境変数。この中にパス(経路)を設定しておけば、いちいち絶対パスで指定しなくてもコマンドが通る。

$PATHに現在設定されているPATHが格納されているので、echoで表示するだけ。

echo $PATH

/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/home/[ユーザ名]/bin

パスは:(コロン)で区切られて表示されるので、

・/usr/local/bin

・/bin

・/usr/bin

・/home/[ユーザ名]/bin

の4つが設定されていることになる。

 

★例)useraddをパスに追加する

・useraddの検索

$ find / -name useradd 2> /dev/null

/usr/sbin/useradd

・/usr/sbinまでが必要なパスなのでPATHに追加する

$ PATH=$PATH:/usr/sbin

$ export PATH

1行目で現在の$PATHの値に追加し、2行目exportで反映させる。

これだけだと、ログイン中のみしか反映されないので、profileに記載しておき自動で反映されるようにする。

$ sudo vi /etc/profile

最終行に「PATH=$PATH:/usr/sbin」「export PATH」を追加する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です