Windows gccのインストール(Cygwin編)


Windowsでgcc(the GNU Compiler Collection)を使用するためにCygwin(バージョン1.7.17-1)をインストールする。

Cygwin:

UNIXでよく使用するコマンドをWindowsで利用するために移植したもの。

Windowsのコマンドプロンプトに似たCUIベースの窓でUNIXコマンドを実行する。

●インストール実行ファイルのダウンロード

Cygwinサイトへアクセスし、「Current Cygwin DLL version」欄の「Setup.exe」リンクをクリックしてダウンロード、実行する。

cygwin

●Cygwin Setup 開始画面

Cygwinにはgccだけでなくさまざまな機能が移植提供されている。

新規インストール後に改めて別の機能をインストールや機能別に削除したい場合も「setup.exe」を実行する。

 

cygwin_setup1

「次へ」をクリック。

●インストール方法選択

cygwin_setup2

「Install from Internet」・・・インターネットからダウンロードしてそのままインストールする。

「Download Without Installing」・・・ダウンロードだけ行いインストールはしない。

「Install from Local Directory」・・・あらかじめダウンロードしてある場所を指定してインストールを実行する。

「Install from Internet」にチェックを付けて「次へ」をクリック。

●インストールフォルダの指定と使用ユーザの選択

cygwin_setup3

 

「Root Directory」の項目にCygwinをインストールする場所を指定する。(デフォルトはC:\cygwin)

「Install For」の項目でCygwinを使用するユーザを選択する。

「All Users(RECOMANDED)」・・・すべてのユーザ(推奨)。

「Just Me」・・・現在ログインしているユーザのみ。アドミニストレータ権限のないユーザはこちらを選択。

「All Users(RECOMANDED)」にチェックを入れて「次へ」をクリック。

※Cygwinインストールフォルダのパスにはスペースを含めない事!

スペースを含めたパスを指定するとうまく動作しない可能性があります。

そのまま「次へ」をクリックすると下記の警告が出ますので「いいえ」で戻って正しいパスを入力します。

cygwin_setup9_message

●ダウンロード場所の指定

 

cygwin_setup4

Cygwinをダウンロードするフォルダを指定する。Cygwinインストールフォルダとは別。「setup.exe」と同じフォルダがいいかも?

こちらはパスにスペースが存在していてもOK。

「インストール方法選択」の「Install from Local Directory」で指定する場所に相当する。

全ての機能をダウンロードしてインストールは任意のものを選択することになるので、全ダウンロードデータは391MBぐらいになる。

インストール後に消しても問題なし。その場合は再インストール時に再びダウンロードすることになる。

(全ての機能をインストールしてしまえばバージョンが変わらない限り再インストールはないかもw)

場所を指定したら「次へ」をクリック。

●ネット接続環境の選択

 

cygwin_setup5

「Direct Connection」・・・直接接続。プロキシサーバを経由しない場合はこれを選択。

「Use Internet Explorer Proxy Settings」・・・IEのプロキシ設定を使用する。

「Use HTTP/FTP Proxy」・・・IEとは別のプロキシ設定を指定する。

「Direct Connection」をチェックして「次へ」をクリック。

●ダウンロードサイトを選択

cygwin_setup6

Cygwinをダウンロードできるサイトは世界中に複数ある。

どこからでもダウンロード可能ですが、とりあえず「.jp」がついている近場を選択して「次へ」をクリック。

●ダウンロード中画面

cygwin_setup7

特に何もしなくても次の画面に遷移する。

●インストールパッケージの選択

cygwin_setup8-Small

この画面でインストールする機能を選択する。

uroboros」マークをクリックするごとに「Default」→「Install」→「Reinstall」→「Uninstall」→「Default」→・・・の順で変化する。

gccを使用するためだけのインストールなので、Serchボックスに「gcc」を入力し、「Devel」欄を「Install」状態へ。

cygwin_setup8-Small2

一度Serchボックスをクリアし、「gcc」と同じように「mingw」「make」をそれぞれ入力後「Devel」を「Install」状態へ変更する。

必要に応じて「ctags」などのツールも「Install」にしておく。

もちろんディスクに余裕があるのなら「All」を「Install」にしておいてもOK。

●インストール内容の確認

cygwin_setup10

そのまま「次へ」をクリック。

●インストール完了画面

cygwin_setup12_finished

「Create icon on Desktop」・・・デスクトップにCygwinアイコンを置く場合はチェック。

「Add icon to Start Menu」・・・スタートメニューにCygwinアイコンを追加する場合はチェック。

これでインストールは完了。

●環境変数の設定

Windowsの環境変数へCygwin実行ファイルまでのパスを追加する。

「コントロールパネル」-「システム」-「システムの詳細設定」-「環境変数」とたどっていき、

「システム環境変数」の「Path」を選択、「編集」ボタンをクリック。

「変数値」欄の一番最後に「;C:\cygwin\bin」を追加する。(C:\cygwinにインストールした場合)

●gcc-toolsのパスを.bashrcに追加

「gcc-tools」内のコマンドを使用してMakefileの自動生成を行う予定がある場合

(具体的には「autoscan,aclocal,automake,autoheader,autoconf」コマンドを使用する場合)、

「C:\cygwin\home\ユーザ名」直下にある「.bashrc」に対して、gcc-tools実行ファイルまでのパスを追加する。

テキストエディタで「.bashrc」を開いて一番下に次の1行を追加する。

export PATH=$PATH:/opt/gcc-tools/bin

●Cygwinの起動

Cygwinアイコン「Cygwin Terminal」をダブルクリックでCygwinが起動する。

もしくはTera Termを既にインストール中であればTera Termインストールフォルダの

「cygterm.exe」をダブルクリックすることでもTera Term経由でCygwinを起動することができる。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です