Androidアプリ開発環境構築(2016)-JDKのインストール


Androidアプリの開発を行うための環境を整えます。

Googleが「ADT-Bundle(Eclipse+Android SDK+ADT Plugin for Eclipse)」からIntelliJ IDEAベースの新しい統合開発環境「Android Studio」に推奨を変えましたので、「Windows10 64ビット」に対してインストールしていきます。また下記のステップに分けて記事を掲載します。

  • JDKのインストール
  • Android Studioのインストール
  • Android Studioの設定
  • アプリ作成
  • エミュレータの作成とアプリの実行

※次期AndroidOSである「Nougat(ヌガー)」ベースのアプリを開発するにはJDK8(jackコンパイラサポート)とそのjackをサポートするAndroid Studio2.1以上の環境が必要となります。

※以前のEclipse/Android Studio2.0以下の環境ではAndroid SDKから「Androd N(Preview)」の項目も見ることができないので、ほぼ強制的に今回の環境を構築する必要がでてきます。

■JDKのインストール

下記URLからJDKをダウンロードします。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

 JDK01

「JDK」の項目にある「DOWNLOAD」をクリック。

JDK02

「Accept License Agreement」にチェックを入れて、インストールするOSのバージョンに合わせてファイルをダウンロードします。

JDK4

ダウンロードが完了したらファイルを実行するとインストールが開始されます。「次へ」をクリック。

JDK5

インストールフォルダを変えたいときは「変更」ボタンからインストールしたいフォルダを選択してください。(任意)

※デフォルトのインストール先である「C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_101\」が指定されている状態ですが、経験上、空白や日本語が含まれるパスにはインストールしない方が良い気がします。「C:\Java\jdk1.8.0_101」やDドライブにインストールするのであれば「D:\Java\jdk1.8.0_101」などに変更した方が良いでしょう。

問題なければ「次へ」をクリック。

JDKのインストールが終わるとそのままJRE(Java Runtime Environment:JAVA実行環境)のインストールへ移ります。

JDK7

インストールフォルダを変えたいときは「変更」ボタンからインストールしたいフォルダを選択してください。(任意)

※JREもJDKと同じく空白や日本語が含まれるパス配下にはインストールしない方がいいと思います。

問題なければ「次へ」をクリック。

JDK8

JREインストール中

JDK9

インストール完了。

 

続けて環境変数の設定を行っておきます。

「タスクバー左下のWindowsフラッグを右クリック」-「システム」-「システムの詳細設定」で「システムのプロパティ」を開く。(「コントロールパネル」-「システム」-「システムの詳細設定」-「システムのプロパティ」でもOK)

JDK10

「環境変数」ボタンをクリック。

JDK11

システム環境変数の「新規」をクリック下記を入力。

変数名:JAVA_HOME

変数値:JDKをインストールしたフォルダを指定(C:\Java\jdk1.8.0_101) 

JDK13

環境変数にJAVA_HOMEが登録されていることを確認して画面を閉じてください。

これでJDKのインストールは完了となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です